織田信長のカキフライ好きは事実?真相やお店の名前や場所は?

こんにちはorこんばんは(・ω・*)

韓国のアイドルグループで、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)というグループがあります。

そのメンバーであるシウォンは織田信長が好きらしく、わざわざ織田信長が食べたカキフライを食べに行く事もあるそうです。

・・・・いや待って、その時代からカキフライってあるんですかね?

Sponsored Link

 

なんか織田信長がいた時代って、カキフライとかない印象があります。

せめてカキを生食でとか、茹でるとか煮るとかの加熱調理をしていたんならわかるんですが・・・

カキフライ(というか、フライみたいな揚げ物)って、割と最近じゃないですかね?汗

 

だってカキ「フライ」ですよ。

カキは日本語でも、フライは英語じゃないですか?

 

まあ、カキフライはなかったとしても、当時はカキフライみたいに「カキをなんか付けて揚げるような調理方法」はあったのかも知れません。

Sponsored Link

 

韓国ではそう伝わっているんだろう?

ただ、日本から見たら、織田信長がカキフライを食べていた歴史はないと思います。

 

もしくは韓国語から日本語の翻訳違い?とかで、こう伝わった可能性はありますよね。

・日本
織田信長はカキに火を通して食べるのが好きだった
(焼き調理とか、煮る料理とか)

・韓国
織田信長はカキに火を通す(揚げる)調理法で食べるのが好きだった
(火を通すが、揚げるに間違って伝わった?)

 

こういう事なんじゃないでしょうか?

調べて見ても、織田信長がカキフライを好きだった歴史は見つかりませんでした。

 

もし戦国時代とかが好きで、織田信長のいろいろな事に興味がある方は、織田信長とカキの関係を詳しく知っているのかも知れません。

でも、韓国人のシウォンが知っていて、日本人が知らない織田信長の話って、

基本的にないんじゃないでしょうかね?汗

 

 

 

織田信長のカキフライ好きは本当?お店の場所は?

そこで調べてみたんですが、これは諸説あるみたいです。

日本でカキフライが提供されたのは、煉瓦亭(れんがてい)という洋食屋さんが初めてみたいですね。

 

なので、たぶん織田信長のカキフライ好きという噂の真相は、

間違った情報か、事実がちょっと変わって伝わったのではないでしょうか?

(焼き調理を揚げ調理と間違って伝わったとか)

 

少なくともこの「カキフライの最初は煉瓦亭説」なんですけど、

wikipediaにも載っている情報です。

 

 

この煉瓦亭さんなんですけど、明治28年から創業の超老舗です。

洋食屋としては相当有名みたいですね。

 

現在の料理だと、トンカツ、オムライス、カキフライ、エビフライ、ハヤシライスの考案者だそうです。

今で言うエース級の洋食軍団じゃないですか汗

 

これには諸説あるそうなんですけど、まあwikipediaの情報をそのまま鵜呑みにするなら、まあ信ぴょう性は高いでしょうね。

なので、織田信長がカキフライを食べたお店も実在しないんだと思います。

 

しかしまあ、この煉瓦亭さんのすごさですよ汗

煉瓦亭さんは東京都中央区銀座にあって、明治時代から続いているというだけですごいです。

 

今ではけっこうポピュラーなエビフライとかハヤシライスも、考案者だったんですね。

でもハヤシライスの考案者は林さん説もあるので、どこまでが正しい情報なのかは不明なんですけど、

少なくとも、フライが出来たのは織田信長の時代ではないですよね汗

 

 

でも、その時代でも、カキそのものはあったと思うんですよ。

その頃って、どんな調理法をしていたんだろう?

 

カキって食べたら当たる事があるじゃないですか?

なので、火を通す調理法ってなんかしらあったと思うんですよね。

 

となると、「織田信長がどこかのお店でカキを食べた。

または自分の家来とかにカキ料理を作らせた」というのは、あっている情報かも知れないですよね。

ちなみに僕、カキフライってちょっと苦手です汗

Sponsored Link