マライセンザンコウとは?(画像)はく製をメルカリに出品で何円?

こんにちはorこんばんは(・ω・)

なんかね、生き物っていろんな種類のものがいると思うんですよ。

ちょっとニュースになったのが「マライセンザンコウ」です。

どうもよくわからないんですが「マライ センザンコウ」という区切りで読むそうです。

Sponsored Link

 

このマライセンザンコウなんですが、鹿児島県の72歳の男性ら3人が、マライセンザンコウのはく製をメルカリで出品したことがそもそもの始まりです。

マライセンザンコウは絶滅危惧種なので、種の保存法違反になるそうです。

あ、これホントに駄目なやつですね汗

 

 

マライセンザンコウって、種類としてはアリクイ科になるそうです。

見た目、ちょっとアルマジロにも似ているんですよね。

 

体長としては1メートル以上くらいあるので、けっこう大型かもしれません。

木も登れるみたいなんですけど、

この大きさで木に登れるとか、けっこう間近で見たら怖いかもしれないですよね?

1メートル以上ですもんね?汗

 

他に調べたら、マライセンザンコウの他には「マレーセンザンコウ」というのがいるみたいなんですけど、

「マライセンザンコウ」と「マレーセンザンコウ」が同じなのかどうかは不明ですね。

 

サッカー選手でも、長友佑都と一緒にインテルでプレーしてたスナイデル。

場所によってはスナイダーって呼ばれたり、そこを考えたら「マライとマレー」も同じ?とか思っちゃいますね汗

Sponsored Link

 

センザンコウって、中国とマレーシアに多い動物みたいです。

多いと言っても絶滅危惧種には違いないので、あくまで「割合的に多く生息している」ってところなんですけどね。

 

 

あとですね、載せられるマライセンザンコウの画像とか調べて載せようかと思ったんですが・・・

ちょっと、気になる記事を見つけました。

 

これ、いろいろと考えさせられるなあと思いました。

マライセンザンコウの高まる絶滅の危機や問題点

 

 

 

マライセンザンコウのはく製をメルカリに出品で何円?

ここは、すでに該当の出品は削除されて知る事が出来ないのですが、書類送検された男性らが言っていたのは「相当な高額で売れるはず」と思っていたそうです。

 

はく製って、小動物とかでも2万円とか3万円とかかかるみたいです。

大型の動物だと、10万円を超えることもあるらしいですね。

よく映画やドラマで見るような虎のはく製でも、20万円とか30万円とかにはなりそうな雰囲気です。

 

で、絶滅危惧種のマライセンザンコウ・・・

これは、たぶん50万円以上とか行くんじゃないでしょうか?

 

まあ、買ったところで種の保存法違反に触れるので、

普通は買わないとは思うんですけどね。

 

そもそもの話なんですけど、マライセンザンコウは絶滅危惧種なんで、守らないと行けないんですよ。

それを、お金のために捕まえてきてはく製にして売るとか、ちょっと理解が出来ないですね。

Sponsored Link