小出恵介の神様からひと言の損害賠償金額や内容は?5億円超えた?

こんにちはorこんばんは(・ω・)

小出恵介がNHKドラマ「神様からひと言~なにわお客様相談室物語」の降板に伴った損害についてです。

実際に損害賠償の協議が行われたそうで、その金額がかなり大きかったみたいです汗

すべての損害賠償金を合わせると、10億近いとかそれ以上とも言われてましたもんね汗

Sponsored Link

 

この賠償金が、「神様からひと言~なにわお客様相談室物語」の1本だけだと、どのくらいの金額になるんでしょう?

やっぱりドラマって制作費がかかるので、相当な高額だとは思うんですが・・・

これ単体でも、1億円超えるんでしょうかね?汗

 

ですが話を聞いてみると、神様からひと言に関しては「実際に撮影した部分で無駄になったのは6話ぶん」だそうです。

まあ通常のドラマって1クール3ヶ月で12話くらいになる計算なので、

1本分の金額がわかれば、その40~50%位だと思います。

 

なぜ40~50%なのかというと、最近は12話までやらないドラマも増えて来てるからですよね。

たまに「8話くらいで終了」ってやつもありますし汗

Sponsored Link

 

ただNHKのドラマだと、1クール3ヶ月ではない事が多いですよね?

なので、単純に「1話作るに当たり、どのくらいの制作費用がかかるのか?」という点で調べて見たほうが良さそうです。

 

ドラマを作るのって、人件費がいちばん高いんですよね。

ドラマの撮影なので、他の役者(俳優・女優・ナレーターなど)にも負担がかかってきます。

 

撮り直しではなく放送取りやめなので、そのぶんのギャラも発生しますからね。

そこも小出恵介側が負担することになります汗

 

 

 

小出恵介の神様からひと言の損害賠償金額や内容は?

この損害賠償の内容なんですが、まあ金銭ですよね。

トータル金額ですが、仮に1話作るのにかかる制作費が3000万円だとしたら・・・

 

3000万円×6話ぶん=1億8000万円

 

になります汗

 

この「1話の制作費3000万円」なんですが、実はちょっと安めに見てます。

実際は平均的に5000万円とか、それ以上かかる事もあるらしく・・・

 

なのでこの約2億円(実際は1億8000万円計算)なんですけど、

最低でもこのくらいはかかっているのでは?という推測です。

 

それだと、1話で5000万円かかっている場合はどうなるのか?ですが、

 

5000万円×6話ぶん=3億円

 

になります。

 

 

実際、1話で5000万円を超えている回があったとして、実際の賠償金額としては、

3億前後から、3億5000万円弱くらいになっているかも知れない計算ですね。

 

しかもこれは、「神様からひと言~なにわお客様相談室物語」だけの賠償金額です。

他のドラマとかCMを合わせると、やっぱり10億は超えていてもおかしくないですね汗

 

 

なんか、額がすごすぎてよくわかりません汗

「1億円」という単位でも、僕では想像がつきません。

そんな額、実際に見る機会なんてないですもんね。

 

ちょっと調べたんですが、1億円を紙幣(1万円札で1万枚)にした時の重さなんですが・・・

だいたい10キロくらいの重さになるそうです。

10キロの重さになる1万円札の束って、なんかすごいな汗

Sponsored Link